バイク 処分 方法

 

事故や故障によって動かなくなってしまった、いわゆる不動車と言われるバイクを廃車にして処分するためには、どのようにしたらよいでしょうか。

 

ここではバイクを処分するにあたって考えられる方法と、それぞれのメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

 

バイク 不動車

 

 

バイクの処分方法@自治体で廃車処分

 

まずは真っ先に思いつくであろう、お住いの自治体でバイクを処分する方法。

 

残念ながらバイクの車体処分は自治体では受け入れていませんが、二輪車リサイクルシステムというものがあり、

 

  • 自治体が指定した廃車二輪車取扱店(販売店)
  • 自治体が委託した引取専門業者

 

に依頼すればリサイクル料金が無料で処分することが可能です。

 

ただし、廃車手続きは自分で行う必要があり、廃車費用も自己負担になります。

 

さらには、原付きバイクしか受け入れていない自治体も多く、全ての車種に対応していない点がデメリットと言えるでしょう。

 

 

バイクの処分方法Aバイク処分専門業者への依頼

 

2つ目は、バイク処分専門業者への依頼による処分方法です。

 

処分専門業者を利用するメリットは、廃車手続きから引き取りまで完全無料で行ってくれるという点です。

 

不動車の使える部品をリサイクルして整備したバイクを海外へ輸出することで利益を得ているため、たとえ動かなくてもバイクを無料で回収できる仕組みになっています。

 

デメリットは、バイク処分専門業者の数が圧倒的に少ないこと。

 

そのため、関東や関西など都市部は対応していても、地方になると未対応の地域が多いのが難点となります。

 

 

バイクの処分方法Dバイク買取サービスの利用

 

同じく専門業者になりますが、買取専門のサービスによる処分方法です。

 

エンジンもつかず、動かなくなってしまったバイクなど買取なんかしてもらえないと思う方も多いようですが、実は不動車の買取を行っている業者があります。

 

最大のメリットは、何と言っても「お金に還元されること」です。

 

しかも、バイク処分業者と同様に廃車手続きから引取処分まで全て無料で行ってくれます。

 

ただ、デメリットは全ての買取サービスで事故車・不動車の買取を行ってくれるわけではないこと。

 

お金を払う以上、程度が良いバイクが欲しいのはどこの業者も同じ考えですが、この数少ない中でも全国対応している良心的な買取サービスがあります。

 

それがこちら。

 

 

 

24時間365日電話でも査定が出来るバイクワン

 

 

お金にならないと諦めているバイクの処分を検討しているのであれば、まずはバイクワンに査定依頼をすることを是非おすすめします。